沖縄の観光でダイビングをするにはどういう準備が必要でしょうか?

沖縄観光で、サンゴ礁とエメラルドグリーンの海を見ていると、ダイビングで海の中を見てみたくなりますね。
でも、観光しに来ただけで特にダイビングの経験も道具もなくてもダイビングをすることができるのでしょうか。
スクーバダイビングは、圧縮空気を充填したボンベを背負って海に潜るので、地上より高い気圧の空気を吸うことになります。

そのため、さまざまな知識と経験を経て徐々にテクニックを磨くことが求められます。
しかし、沖縄では美しい海を少しでも多くの人に見てもらおうと、安全な体験ダイビングコースを開催しているショップがあります。

体験ダイビングの良い点は、水着さえ持っていれば、何も自前の道具を買わなくてもダイビング体験ができることです。
足の届く水深1mから1.5mくらいの浅瀬で魚に餌付けをしたりして遊ぶことができます。

ショップによってはボートで沖合に出て体験ダイビングをするコースを選ぶことができる場合もあります。
沖縄の海は、沖合までサンゴ礁が続くので、素足で歩くのは危険です。

スクーバでなく素潜りでダイビングを楽しみたいという人は、マスクとスノーケリング、足ひれの3点セットの他に、ダイビングシューズと軍手などの手袋も用意すれば怪我の心配をせずにダイビングを楽しめます。

体験ダイビングは、体調が悪い人や持病がある人は参加できません。
体験コースの前日は、睡眠を十分とってお酒を飲みすぎないようにしてダイビングに参加しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ