沖縄でダイビングをやるなら、どこのビーチがおすすめ?

沖縄でダイビングをする予定がある場合、本島で潜るか離島まで足を延ばす時間があるかによってダイビングの計画が変わってきます。
沖縄本島ではビーチダイビングが盛んで島を取り囲むようにポイントが点在しています。
海が荒れても風向きによっては反対側のビーチでは潜れることも多く、天候が多少荒れてもダイビングができることから短期滞在型のダイバーに人気です。

本島から近場でダイビングをするなら、慶良間諸島がお勧めです。
本島の泊港から1時間ほどで到着できる座間味島や阿嘉島にはダイビングショップがたくさんあります。

中でもボートダイビングの人気が高く、透明度の高い海とサンゴの群落を見ることが出来る上、運が良ければ海ガメや沖縄でしか見ることのできない七色に変化する大型のイカ、コブシメに出会うことができます。

離島ダイビングは、宮古島や西表島に人気スポットが集中しています。
宮古島では、洞窟の中を潜る神秘的なケーブダイビングをスネークホールやクロスホールで体験することができます。

陸にある2つの池が水中で海とつながった「通り池」では、他では見ることのできない珍しい魚やエビを観察することができます。
西表島を代表するダイビングスポットは「ヨナラ水道」です。

浅瀬のサンゴに群れるスズメダイが水中写真を撮るダイバーに人気です。

西表島は中級者向けのダイビングスポットが多い中で、サンゴのかけらだけで出来ている小さな島「バラス島」の周辺は、サンゴが綺麗で魚の種類が多いのでビギナーでも安全に潜ることができます。

バラス島の東側ではスズメダイの大群を見ることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ