大泊ビーチはどういうとこでしょうか?

大泊ビーチは沖縄本島の中東部に位置する伊計島にあるビーチです。
かつては潮が引いたときに、本島から離島へと、徒歩で行ったり、渡し舟に乗ったりして行っていましたが、現在では海中道路があるので車でらくらくアクセスできます。
まず海中道路を走り、平安座島から宮城島を通ります。

すると美しい海と木々の緑、真っ赤なアーチ型の伊計大橋が見えてきます。
そこを過ぎると伊計島です。 

大泊ビーチの良いところは、その広さです。
砂浜が600メートルもありますから、夏の混雑期でもひろびろと楽しめます。
自然のビーチなので、人工ビーチみたいに使いやすい場所ではありません。

遊泳しているといきなり深くなったりします。
でも、この場所は内海にあるので、風や潮の影響を受けにくく、安全に遊泳を楽しみやすい場所でもあります。 

シュノーケリングをやってみたい人にはおすすめの場所かもしれません。

沖縄ではシュノーケリングによる事故が多いため、「シュノーケル禁止」となっているビーチが多いのですが、大泊ビーチは過去、シュノーケル事故は1度もありません。

だからみんな、存分に楽しんでいます。 
遊泳に、シュノーケリングに、マリンスポーツに、そしてお魚ウォッチングに、いろんな楽しみ方が可能なビーチです。
ファミリーからカップルまで、幅広く楽しめる場所です。 

自然がそのまま残されている場所なので、ウミガメが産卵にやってきたりもする場所です。
本島から離れているので、夜は星空が本当にキレイです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ