沖縄の郷土料理で有名なものは何でしょうか?

沖縄は日本の本土から遠く離れた島であるため、文化面でも独自の発展を遂げていました。
それが如実に現れているのが食文化です。
例えば、海に囲まれているのに魚よりもブタやヤギと言った肉類を良く食べるのは沖縄の特長です。
また、海草を沢山取ること、海蛇を食べることなど、挙げればきりがないほどです。

では、沖縄の郷土料理の代表的なものを取り上げて解説しましょう。
沖縄を代表する郷土料理の筆頭はソーキソバです。

ソーキソバとは、小麦粉をガジュマルの灰汁を加えて打った麺を使う料理です。
蕎麦粉は全く使用しません。
スープはブタやカツオから出汁をとります。

具材に豚の三枚肉を使うのがソーキソバの特徴的なところです。
豚のあばら部分を骨ごと醤油とみりんで煮込み、骨まで柔らかくして麺に載せます。

小口ねぎを薬味に乗せて出来上がりです。
コクと旨味が絶妙に交じり合うソーキソバは、豚を非常に多く使う沖縄を代表する味です。

もう一つの沖縄伝統料理はチャンプルーでしょう。
ゴーヤーチャンプルーで本土の人にもお馴染みの料理ですが、チャンプルーという言葉そのものは「炒め物」を意味しています。

それなので、チャンプルーの種類は数限りなくあり、使う野菜もキャベツ、人参、モヤシ、パパイヤなど様々です。
そして、チャンプルーを決定付けるのが沖縄産の豆腐です。

本土でゴーヤーチャンプルーを作るときに、豆腐を一旦水出しする人がほとんどだと思いますが、沖縄豆腐は最初から固いのです。
水分量が少なく炒め物に適しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ