沖縄にある南国のフルーツについて

沖縄は日本の本土と異なる亜熱帯の気候に属しており、本土ではなかなか見られないフルーツが実ります。
あるいは、本土では缶詰でしか口に出来ないフルーツも生で食べることが出来ます。
そのうちの幾つかをご紹介しましょう。
まず、お馴染みのマンゴーです。

南国フルーツの代表選手です。
日本の本土でも宮崎などで盛んに栽培されていますが、沖縄のマンゴーも非常に甘くて美味しいものです。

特に、沖縄に行くと完熟で収穫したマンゴーを食べることが出来ます。
固いうちに収穫して追熟させた本土のマンゴーとは、比較にならない清々しく強烈な美味さを実感することでしょう。

シャカトウも沖縄で試して頂きたいフルーツの一つです。
これはバンレイシとも呼ばれる果物で、名前の通りお釈迦様の頭のような形をしています。

もともとはチェリモヤから派生した種とも言われており、味わいも共通するものがあります。
味は甘みが強く、ほのかな酸味が加わった濃厚な味です。

フルーツミックスジュースのようだと言う人もいれば、森のアイスクリームと表現する人もいます。
いずれにしても本土ではなかなか味わえない貴重なフルーツです。

ジャボチカバやピタンガも沖縄に来たら試す価値があるでしょう。
ジャボチカバは幹に直接花が付き、実も幹にいぼのように付きます。

見た目は気持ちが悪いですが、熟した実は巨峰の粒のようになります。
味はライチに似ています。

ピタンガはサクランボのような形をしており、熟した実は非常に爽やかで美味です。
是非お試しあれ。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ