沖縄そばって、どういうそばでしょうか?

沖縄そばは沖縄の県民食と言ってもいいほど広く普及している食べ物です。
沖縄の中でも地域によって特色があるようです。
では、この沖縄そばを解説していきましょう。
沖縄そばは、「そば」と名前が付けられていますが蕎麦粉は一切使用していません。

全て小麦粉で麺が作られます。
その際、ラーメンと同じようにかん水を使用することが多いのですが、もともとはガジュマルを燃やしたときに出る灰水を使用していました。
それなので、今でも木灰そばと呼ばれる伝統的な沖縄そばが作られています。

製麺法がラーメンと一緒なのでラーメンなのかと思いますが、実は茹でた後の麺の扱いがラーメンとは大きく異なります。
ラーメンの場合は茹で上がったら間髪を置かずに盛り付けますが、沖縄そばは油と一緒に混ぜ合わせます。

これによって油を吸わせ、保存性を高めていたのです。
冷蔵庫が普及した今も、この工程は基本的に守られており、沖縄そば独特の食感を生み出しています。

また、出汁や具材もラーメンとは異なります。
ブタの出汁に醤油を加えたスープやカツオを加えることもあります。

さらに、紅しょうがやコーレーグスと呼ばれる唐辛子の泡盛漬けを添えて提供されます。
具材は沖縄のかまぼこや豚の三枚肉が乗せられることが多いようです。

この具材がソーキ(豚の骨付きスペアリブ)になると、有名なソーキそばになります。

ですから、「ソーキそば=沖縄そば」ではなく、あくまでも沖縄そばの一形態という位置付けになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ