海ぶどうって何でしょうか?

沖縄で伝統的な料理を楽しんでいると、しばしば海ぶどうに出くわします。
初めて海ぶどうを見る人は、その姿にぎょっとするものです。
では、この興味深い沖縄の食材を取り上げてみましょう。
海ぶどうとは、正式な名称をクビレヅタという海草の一種です。

「くびれのあるツタ」という意味だったのですが、長い茎に小さな球形の小枝が密集して付く様子がぶどうに似ているため海ぶどうと呼ばれるようになりました。
沖縄では伝統的な食材であり、昔から広く食べられていました。

そもそも、沖縄は海草を非常に好んで食べることでよく知られており、これが長寿の秘訣ではないかといわれているほどですから、海ぶどうにも健康増進効果が期待できそうです。

しかし、それ以前に海ぶどうは味や食感の良さで人気を博しています。
その形状からグリーンキャビアとも称され、プチプチした食感は癖になります。

この食感を楽しむため、基本的には生のまま提供されます。
刺身のツマとして出されることも多く、醤油、三杯酢などで頂きます。

また、沖縄そばの具材として載せられていることもあります。
いかにも沖縄食材らしいのが、低温に弱いことです。

冷蔵庫に入れると途端に生気を失い、しなびて張りが無くなってしまいます。
保存するときは常温が基本になります。

沖縄の人の健康をずっと支えてきた海ぶどうは、ウチナー(本土の人間)にはまだ馴染みが薄い食材です。
しかし、癖になる食感、独特の風味は魅力的ですので、沖縄に行ったら是非試してみるべき食材といえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ