沖縄の珍味といったら何があるでしょうか?

沖縄は本土と全く異なる文化が栄えた島です。
当然、本土にはない珍味が隠されています。
幾つかの代表的な沖縄珍味を紹介しましょう。
まず、本土の人も名前はよく耳にする「ミミガー」です。
これは豚の耳を加工した珍味になっています。

沖縄は昔から豚をとことん利用しつくしてきたので、耳の皮まで美味しく食べるのです。
豚の耳には毛が生えているので、これをバーナーなどで焼き落とします。

この皮を蒸す、あるいは茹でることによって柔らかくします。
千切りにしたら食材として使うことが出来ます。

食べ方はポン酢で食べたり、味噌などで和えるのが一般的です。
コリコリした歯ざわりが癖になる珍味です。

あるいは豆腐ようも沖縄独特の珍味として有名です。
これは、水分が少なく固い沖縄の島豆腐を紅麹と泡盛を使って発酵させたものです。

半年ほど発酵させると豆腐の味が消えていき、チーズのような濃厚な風味になります。
紅麹の鮮烈な赤が周囲を彩り、中は豆腐の乳白色です。

まさにエダムチーズの色と風味そのものといった雰囲気を持つ珍味になります。
泡盛を用いて発酵させていますので、当然泡盛とは相性抜群ですが、意外にワインや日本酒にも合う肴になっています。

最後にスクガラスについても触れておきましょう。
アイゴの稚魚を塩漬けにして発酵させた塩辛です。

豆腐の上に乗せて食べたりしますが、漬け汁が秀逸です。
いわゆるニュクマムやナンプラー、しょっつると同系統の魚醤に仕上がっています。
瓶詰めなので、どこでも買えてお土産にも最適です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ