喜瀬カントリークラブはどういうゴルフ場でしょうか?

喜瀬カントリークラブは沖縄県名護市にあるゴルフコースです。
2011年に開場して以来、圧倒的な人気を誇るゴルフコースへと成長しました。
では、同ゴルフコースの魅力をご紹介していきましょう。
喜瀬カントリークラブは、2001年にオープンした当時は「ブセナカントリークラブ」という名称でした。

2006年以降改称して現在に至っています。
2007年には第75回日本プロゴルフ選手権大会が開催され、一躍全国のゴルファーの注目を集めました。
現在でもシニアトーナメントが定期的に開催されています。

コースは丘陵コースになっているものの、半分は東シナ海を望みながらプレーできるオーシャンコースになっています。
基本的には直線的なコースが多いのが特徴ですが、戦略性、テクニックも重要な要素になります。

山手側に配されたウッズコースも魅力的です。
特に9番ホールは森から海へとパノラマが転換する美しいホールですが、ドライバーの飛距離がないとスコアをまとめることが難しくなります。

それでも、ゴルフ初心者も美しい海を眺めながらホールを回るだけでゴルフの醍醐味を味わうことが出来るに違いありません。

喜瀬カントリークラブは、ゲストハウスが清潔でサービスが良いのも評判になっています。
スタート前に専用の練習場で練習した後、スタート室へ向かいます。

ここにはペットボトルの緑茶、さんぴん茶、ミネラルウオーターがサービスで置かれています。

カートには「塩にがり黒糖」も常備されていて、贅沢な気分を味わいながらプレーできます。
この辺りは、リゾート地・沖縄らしい配慮ですね。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ