沖縄の方言ってどういうのがあるのですか?

沖縄を訪れると、年配の人の話が良くわからないことがあります。
つまり、沖縄の方言が理解できないのです。
本土の人間と話すときには気を使ってくれているのでしょうが、それでも分からない時があって愕然とさせられます。
では、幾つかの沖縄方言を紹介していきましょう。

まず、沖縄の人は沖縄のことをウチナーと呼びます。
それなので沖縄の方言のことはウチナーグチ(ウチナー口)と呼んでいます。
この「沖縄の○×」という用法は広く使われており、例えば「ウチナータイム」といえば、沖縄の人のいい加減な時間観念を指します。

本土の人のことはウチナーに対してナイチャーといいます。
「内地の人」という意味ですね。

丁寧な言葉遣いをするとヤマトンチュー、すなわち「大和の人」という言い方もあります。
有名な沖縄方言を挙げてみると、「ナダ(涙)」が筆頭に来るでしょう。

ちょっと前に「涙そうそう」が大ヒットしましたので、この表現は良く知られていると思います。
あるいは「ナンクルナイサー」も市民権を得ていますね。

「なんとかなるでしょ」という意味の言葉で、沖縄の県民性をよく表している言葉です。
普段使う言葉なのに全然分からない言葉も沖縄には存在しています。

例えば「ニフェーデービル」といわれたら、どう感じますか?ちょっと嫌な感じの語感ですが、実は「ありがとうございます」という意味の言葉。
ちなみに「ニフェーデービタン」となったら「ありがとうございました」という過去の感謝表現になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ