夏だけではなく11月や12月の冬でも楽しめる沖縄旅行

沖縄県は日本最南端の県で、県庁所在地は那覇市です。
かつて琉球王国と呼ばれていましたが、明治12年に沖縄県が設置されました。
第二次世界大戦ででは日本の中で唯一の戦場となってしまった沖縄県は、戦後に米国の統治下に琉球政府が設置されてしまいます。

日本に返還されたのは昭和47年で、日本でありながら長い間米国の下で生活をしなければいけなかった県なのです。
その為、沖縄県では、今も戦争のつめ後を見る事が出来る場所となっています。
沖縄は、国内旅行としてとても人気がある場所でもあります。

戦争を体験した人が少なくなってきている現代では、戦争をしてはいけないと言う事を改めて知る事が出来る場所でもあるのではないでしょうか。

そういった意味でも、沖縄旅行はとても重要な場所になります。
気候面では、11月など本州では寒い季節ですが、沖縄では比較的過しやすい気候と言う事もあり、夏に限らず1年を通して人気があります。

夏に沖縄旅行に訪れる際には、強い日差しがある為、日焼け止めなど紫外線対策が必要になります。
しかし、夏はとても綺麗な沖縄の海を満喫する事が出来る為、ビーチを楽しむ事が目的だと言う方がほとんどではないでしょうか。

また、冬の季節である11月や12月でも暖かい日がある為、半袖で過す事が出来ます。
朝晩は肌寒くなる日もありますが、それでも軽い上着が必要な程度の気候となっています。
夏の沖縄旅行を楽しむだけではなく、快適な気候の中で冬の沖縄旅行を楽しむ事が出来るのも、沖縄旅行が人気の理由です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:沖縄旅行

このページの先頭へ