有馬温泉は、世界的にも珍しいほど多くの成分が混合した温泉です。

日本最古湯、日本三名泉の一つに数えられる有馬温泉は、兵庫県神戸市に存在し、関西の奥屋敷とも言われています。昔から皇族や貴族に愛されてきたこの温泉の魅力とは何なのでしょうか。
有馬の温泉は、世界的にも珍しいほど多くの成分が混合した温泉であり、冷え症、腰痛、じんましんなど、多くの病気に効果があります。

金泉と呼ばれる赤褐色の含鉄泉と、銀泉と呼ばれる無色のラジウム泉という2種類の温泉を楽しめます。お風呂とともに楽しみたいのが、お座敷です。
芸妓さんがその季節にふさわしい踊りや、有馬の踊りを披露するだけでなく、一緒に話しながらお座敷遊びも楽しむことができ、芸妓さんは有馬の行事にも参加するので、夏祭りのときには一緒に踊りを楽しむこともできます。

有馬温泉周辺にも、魅力的な観光地が数多くあり、その一つとして、紅葉の名所として有名な瑞宝寺公園があります。
過去に豊臣秀吉もたびたび訪れたとされ、いくら見ても飽きないとたいへん気に入ったようです。
その秀吉が愛用していた石の碁盤も、公園内に残されています。

宿泊する時間がないという人のために、日帰りプランもとても充実しています。
有馬温泉は大阪や神戸といった都市部からも1時間以内にアクセスできるので、気軽に金泉や銀泉、さらには貸切風呂も楽しめ、地元の食材を使った料理も堪能できます。
数日かけてじっくり温泉を楽しみたいという人はもちろん、日帰りでも十分満足できるプランが数多くあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:温泉旅行

このページの先頭へ