東北の温泉旅行は、自分でスコップで掘って湯船を作るなど楽しみ方はいろいろあります。

東北温泉旅行を行う場合、北から南、もしくは南から北に移動するようなルートを組むと比較的計画が建てやすいかも知れません。
この場合、北とは青森県、南は福島県もしくは宮城県を指します。
山脈が南北にあるため、やや乱暴な言い方ですが、交通機関も南北に充実しています。

東西方向は峠越などがあり移動にやや難があります。
大まかな移動を方向を決めたあとは、具体的にどの温泉地に泊まるかが次のポイントとなります。
どの温泉地が良いというのは個人的な主観で決められますので、ここでは特に言及しませんが、東北の温泉を入るからには、それらしい温泉に入りたいというのが自然の成り行きではないでしょうか。

歴史のある温泉、山奥にある一軒宿、伝統を楽しむという意味での混浴、はたまた自分でスコップで掘って湯船を作る温泉など、楽しみ方はいろいろあります。
もちろん、最新設備が整った現代風のホテルも多数ありますし、むしろこちらのほうが多いくらいです。

しかし、これらの温泉は快適に過ごせますが、昔の雰囲気が味わうことができません。
どちらが良い、悪いという問題ではなく、どちらが自分のとって満足かという個々人の問題ですが、昔の雰囲気が楽しめる宿に泊まるというのも日常では味わえないことです。

温泉旅行をより良い旅にするには、様々な種類の宿に泊まることも一つの方法ではないでしょうか。
また、温泉の道中には食事、観光ポイント、名産、景色などあり、これらを織り交ぜながら計画を立てれば、温泉旅行がより充実したものなるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:温泉旅行

このページの先頭へ