日本には全国各地に温泉が数多くあり、実は沖縄の西表島にも温泉があります。

日本には全国各地に温泉が数多くあり、実は沖縄の西表島にも温泉があります。
冬であっても気温は18度くらいある地域なので、寒い中で暖まるといった感じでもないのですが、内風呂のほかに露天風呂も用意されています。
外の風呂は広々としていて気持ちが良く、水着着用で入浴します。

施設には清潔なレストランも入っていて、ついでに利用できるようになっています。
北は知床にも天然温泉があり、知床は世界遺産でその自然の全てが保護されているため、ある一定の場所より奥地へは、許可を得たツアーに参加してバスで行かなければなりません。
このバスに乗って入っていった奥地には滝があり、この滝がお湯の滝なのです。

10円玉を入れてみるとピカピカになる程の酸性の強いお湯が特徴です。
ツアーバスでしか行けないのと、保護された自然の中にあるため、お湯に全身を浸すことは避けるべきでしょう。

東京などの大都会の近郊にも、天然の湯を使った露天風呂を楽しめるところはありますが、さすがに人が多く、混み合っている場合がほとんどです。
また、真冬に長野などに行くと、あまり人がおらず、料金も200から300円程度で外にある天然の湯に浸かることができます。

雪が降っているので、熱い湯は余計に気持ちが良いのです。
中には駅のすぐ隣に格安で入ることのできるものもあるので、こういった地域では予定がなくても、ついでに入浴していけるよう準備をして観光に出かけることをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:温泉旅行

このページの先頭へ