温泉旅行なら全国的に有名な温泉地を持つ仙台へ

旅行では、テーマパークへ訪れたりフルーツ狩りを楽しんだり、またその土地ならではのグルメを味わったりと目的は様々です。
その中でも温泉旅行ですと、仕事や日常を忘れゆったりと寛ぐことも可能ですし、湯に浸かって心身共にリフレッシュできます。
また、自分が住む地域から近場の宿であれば、泊まらずとも日帰りで湯に入れるなど、気軽に楽しめる温泉旅行はお勧めです。

日本は有数の温泉地を誇る国ですが、中でも宮城県の仙台市内にある温泉地への旅を検討されてはいかがでしょうか。
仙台市には、全国的にも有名な秋保温泉や作並温泉といった温泉地が位置する場所で、訪れる利用客は多いです。

ここで湯を楽しめる宿泊施設についていくつか挙げてみますと、例えば秋保温泉にある「ホテル瑞鳳」は、眼下を見渡す風光明媚な佇まいが特徴的な宿となっています。

浴場は大浴場や露天風呂はもちろん、美しい日本庭園内の打たせ湯や深さ130cmの立ち湯などバラエティに富んでおり、秋保の湯を目一杯満喫できます。

さらに、宿泊客以外では入浴コースを利用すれば湯に浸かれますから、気軽に利用できて便利です。

一方の作並温泉の湯に入れるのは、開場から200年もの歴史がある「鷹泉閣岩松旅館」で、自然湧出掛け流しの浴場では、開場当時の面影を残す4ヶ所の岩風呂と女性専用清流風呂、男女の大浴場といった全部で6つの温泉が楽しめます。

特に渓流へと繋がる岩風呂は、木の温もりが感じられる88段の階段を下って浴場へ向かうなど趣きがあります。
心身共に癒やされる温泉旅行なら、是非仙台市のこうした場所を選んでみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:温泉旅行

このページの先頭へ