各地の温泉旅行へ出掛けるなら新幹線の利用がお勧め

日本は各地に3,000ヶ所を超える温泉地があると言われる温泉大国で、場所によってもその特徴は大きく異なります。
例えば源泉数2,800以上の世界1位となっている大分県の別府温泉、一度に1,000人が入れる大きな露天風呂がある和歌山県の川湯温泉など様々です。
また、酸性が非常に強く、殺菌力の高い秋田県の玉川温泉や、アルカリ性が強く湯冷めがしにくいと言われる埼玉県の都幾川温泉と、効能もそれぞれの地域で違いが見られます。

このような場所への温泉旅行は、移動手段として自家用車や電車などを使って訪れても良いですが、より便利な新幹線を利用するというのもお勧めです。

新幹線なら移動が比較的短時間で済ませられますから、目的地でゆったりできる時間が増えます。
乗っている移動中に大きな揺れを感じることがない為、乗り物酔いを起こして気持ち悪くなったりしてしまう可能性が非常に低いです。

さらに、一つ一つの座席スペースが十分に設けられているので、座っている間はとても快適で、複数人での温泉旅行あれば座席を回転させ、向かい合いながら移動中も楽しい時間が過ごせます。

乗車料金も、8人以上の利用であれば団体割引が適用されますし、インターネット予約限定の切符を購入すると、利用区間によっては通常価格から最大40%引きとお得に乗ることも可能です。

主要都市を通っているこうした新幹線は、移動手段の一つとして非常に便利な乗り物と言えますので、各地にある温泉旅行を訪れるなら是非新幹線を利用して出掛けてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:温泉旅行

このページの先頭へ