温泉旅行へ行くなら日本有数の温泉地を構える関東へ

日本全国には約3,000もの温泉地があり、古い歴史を持っていることもあれば、自然を楽しみながら湯に入れたりと、その地域によって特徴は様々です。
その中でも、関東地方は日本有数の温泉地が見られ、温泉旅行にはぴったりの場所でもあります。
例えば、神奈川県に位置する「箱根温泉」は800年以上の歴史があり、古くから湯治場として多くの人々に親しまれてきました。

昔話や童謡でも知られる金太郎に所縁がある場所で、その昔、乳母が金太郎の眼病を治したという古事から姥子温泉とも呼ばれ、現在も目の病に効くと伝えられています。

都内からは約1時間で行ける便利な土地にあるなど、アクセス環境にも恵まれた人気の温泉地です。
また、日本有数の温泉地として名が挙げられる群馬県の「草津温泉」は、自然湧出量が毎分32,300リットル以上と多量の湯が湧き出ています。

温泉街の中心に見える湯畑は、温泉成分の湯の花を採集したり湯温度を調節する施設で、草津のシンボルにもなっています。
湯もみ娘と呼ばれる女性達による湯もみも有名で、掛け声に合わせて木の板で湯を掻き混ぜる姿を見たり、実際に体験したりもできます。

さらに、栃木県の「鬼怒川温泉」も関東の代表的な温泉地で、ここは美しい渓谷の上に位置するため、四季折々の素晴らしい絶景を味わいながら湯に浸かれます。

そして、1692年に発見された鬼怒川温泉は体に優しいアルカリ性の単純温泉で、神経痛や運動神経障害といった神経系に効果があると言われています。

他にも、伊香保・白骨・四万温泉など豊富な温泉地があるので、是非一度、関東へ温泉旅行に出掛けてみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:温泉旅行

このページの先頭へ