温泉旅行へ出掛ける際はバスを利用しよう

四季折々の自然を感じながらゆったりと湯に浸かれる温泉旅行は、日々の疲れを癒やしてのんびりできるとあって年代を問わず人気があります。
温泉地を訪れる場合、自家用車を使って自らの運転で出掛けたり、新幹線を利用したりと方法は色々でしょう。
その中でも特にお勧めなのがバスによる移動で、これなら運転による疲れも感じませんし、運賃は比較的安くて便利です。

また、乗り物に揺られながら外の風景を眺められるので、温泉地へ向かう移動時間から旅行気分を存分に楽しむことができます。
各温泉地へはいくつも出ており、その中のいくつかを挙げてみますと、例えば山形県に位置する蔵王温泉は山形駅からバスが通っています。

蔵王温泉は奥羽三高湯の一つに数えられ、特に皮膚に良いとされているため姫の湯とも呼ばれています。
この肌に効能があるとされる温泉へは、終点の蔵王温泉まで30分程で到着し、乗車運賃が片道の場合大人1,000円、子供が500円です。

更に、日光の最奥地で国民保養温泉地の指定も受けている湯元温泉行きのバスも走っています。
ここは豊かな自然に囲まれた温泉地としても知られていて、硫黄泉の泉質は美人の湯と呼ばれ人気があります。

日光駅から出ていますが、約1時間30分の道のりとなり、運賃は片道なら1,700円です。

それぞれの温泉地へ向かう際に外の景色をのんびり眺めたり、比較的運賃の安いバスを利用して、温泉旅行へ出掛けてみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:温泉旅行

このページの先頭へ