大型連休のゴールデンウィークは温泉旅行へ

ゴールデンウィークは、日本において毎年5月3日~5月5日までの3日間の連休のことです。
本来は3日間なのですが、その日の前後に土日や振り替え休日といった休みがある場合は、こうした休日を含む長い連休もゴールデンウィークと呼んでいます。
年によってこの連休となる日は若干異なるものの、2013年の場合は10連休、2014年は最大11連休と毎年非常に長い為、旅行にも行きやすく、旅行先としては、定番の大型テーマパークや春ならではのフラワーパークと様々ありますが、よりお勧めなのが温泉旅行です。

のんびりとした時間を過ごせる温泉は、都心からのアクセスに便利な場所や反対に秘湯と言われる非日常感を味わえる静かな温泉地など、日本全国の色々な場所にあります。

また、広い湯船に浸かれば日頃の疲れが癒やせますし、温泉によって神経痛や関節痛といった体の不調に対して良い効果も見られます。

温泉地についていくつか挙げてみますと、例えば北海道の登別温泉は先住民族のアイヌの人々が重宝していたとされる場所で、北海道でも屈指の温泉地です。

一日では入りきれないほど豊富な湯を持っており、自然豊かな地の下で多彩な温泉を楽しめます。
宮城県仙台市にある「秋保温泉」は、古墳時代の531年~570年頃には既に存在していたと言われる、古い歴史を持つ温泉です。

日本三御湯に数えられる秋湯温泉は海水のように塩分を含んでおり、とても保湿性が高いことで知られています。

他にも湯に入れる場所は多くあるので、この大型連休を使って温泉旅行に出掛けてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:温泉旅行

このページの先頭へ