モンゴル行き格安航空券

中央アジアに所属するモンゴル。
最近は大相撲力士の活躍もあり観光地としても少しずつ認知されるようになってきましたが、まだまだ認知度は低いです。

そんなモンゴルに行くための航空券を紹介します。
まず、この国に行く方法で最も一般的なのが、成田空港から運航されているMIATモンゴル航空を利用して首都ウランバートルへ飛ぶ方法です。
これは直行便であり、この航空会社単一の路線なので全体的に航空券価格が高めに設定されています。
しかも毎日運航の路線ではないのでスケジュール的にも利用しにくいです。

そこで他の航空券を利用する方法があります。
一番利用しやすいのは大韓航空を利用する方法です。
大韓航空は多くの日本の空港に就航しており、地方空港にも就航しているのでわざわざ東京へ移動する必要もなく、しかもソウルの仁川空港は日本人の乗り継ぎ利用者をすごく意識して日本語表記や日本語のできるアテンダントもたくさんいますので海外旅行初心者も使いやすい空港です。
この大韓航空がソウルとウランバートル間を運航しているので、日本からソウルを経由してウランバートルへ行けます。

もう1つが中国国際航空を利用する方法です。
日本から北京へ飛び、そこで乗り換えてウランバートルへ向かいます。
ソウル経由との違いは運航の便数が多くほぼ毎日運航されている(季節によって若干の変化あり)のでスケジュールを自由に組むことが可能です。
また価格面でもやや大韓航空より安めに設定されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ