航空券直前予約のちょっとしたヒント

お休みのスケジュールが立ち「旅行へ行こう」と思っても、忙しい日々の中旅行計画を怠ってしまう事もあります。
そこで、直前予約にて航空券を取る際のちょっとしたヒントをご紹介します。

本題に入る前に、初めに知っておいた方が良い心得です。
近年ではLCC等の参入により、直前になればなるだけ航空券が極端に高くなったり安くなったりする傾向は無くなり始めています。

また「キャンセル」や売り切れの席を探すことになる事を忘れないでください。
そのため、選択肢が少ないことを頭に置いておく事が重要になります。
では一つ目のヒントになりますが、選択肢が少ないという理由から、最優先すべきポイントは空席を探すことです。
時間や料金を希望しているとなかなか見つかりません。
またライバルがいることも忘れないでください。
取られたら諦めるしかありません。

良いものを見つけたら出来るだけ即決しましょう。
2番目に、大手旅行代理店が抱えているツアー用の空席が無いかを調べてみましょう。
基本的には代理店のツアー参加になることは変わりませんが、代理店も在庫を出すわけにはいきませんので、多少の融通が利く場合があります。
例えば途中でツアーから抜けることが可能になる等です。
3つ目にあげるのは、航空券の特性上キャンセルも直前に出ることです。
体調を崩された方や空港に現れない方の分にあたります。
そのため前日から直前にかけてキャンセルが出るので、狙い目です。
ただし注意したい点もあります。

直前予約を取るという事は、同時にキャンセル料が発生する条件を満たしてしまう事です。
仮予約のつもりでも、他の席が見つかったといってキャンセルをすると100%に近いキャンセル料が発生してしまう場合があります。
決断力は重要ですが、同時に慎重さも必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ