ペルー行きの航空券の種類

マチュピチュなどの世界遺産が残るペルー、日本から見ると非常に遠い位置にあるのでなかなか行くことができないかもしれませんが、それだけに魅力ある国です。
この国に行くための方法は何種類かあります。

1つ目はアメリカ国内で乗り継いでいく方法です。
アメリカへは日本から複数の便が飛んでいるのでアメリカ国内で乗り換えて移動します。
ニューヨークやヒューストンなどで乗り換えれば1回の乗り換えで済みます。
しかし、近年アメリカではトランジットの際にも入国する必要があり、トランジットビザというものを取得しなければなりません。
そのために若干の手間がかかります。

そこで注目される航空券がエアカナダを利用したものです。
アメリカのお隣カナダではビザの取得は必要ありません。
日本からの直行便が就航しているトロントで乗り換えてペルーに向かうことが可能です。
カナダ経由は格安航空券も販売されており、近年はアメリカ経由よりも人気が出てきました。

これ以外の方法としてはヨーロッパを経由していく方法です。
元々南米とは親交の深いヨーロッパだけあっていろいろな航空会社が就航しています。
その中でも利用しやすいのはオランダ経由のKLMオランダ航空です。

ただしヨーロッパを周るとアメリカ経由よりも大回りになるので時間はかかります。
現在ではペルーの首都にある「ホルヘ・チャベス空港」にLCC(格安航空会社)が乗り入れていないのでどの航空券も比較的高めになっており、LCCの就航が待たれます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ