プーケット行く航空券の種類

タイの人気リゾート地、プーケット。
どこまでも広がる遠浅の海に憧れるダイバーの多い島です。
日本からこの南国の楽園リゾートに行くには現在は直行便という方法がありません。

そこでどんな航空券を購入すれば行くことができるのか、価格の上下に分けて紹介します。
まず価格をあまり気にしないという人はタイ航空、シンガポール航空、キャセイパシフィック航空の乗り継ぎ便がお勧めです。

この3社は東京、名古屋、大阪、福岡の主要都市全てに就航しておりほぼ毎日運航されているので使いやすいです。
大きな違いはタイ航空とシンガポール航空は復路が深夜便になる可能性があるのに対して、キャセイパシフィック航空では日中便になることが多いので体への負担は少ないでしょう。

価格は旅行社によって差がありますが大きく変わることはありません。
逆に値段を大きく抑えたいと言う人は格安航空会社を利用する方法があります。
これは様々な方法があり航空券の価格もバラバラですが1つのモデルルートとして、関西国際空港からピーチを利用して香港へ移動します。

香港からエアアジアという航空会社を利用し、マレーシアのクアラルンプールを経由してプーケットへ飛ぶ方法や、羽田空港に就航しているエアアジアを利用して同じようにクアラルンプールを経由してプーケットに入る方法があります。

格安航空会社ですから機内サービスや預け入れ手荷物が有料になりますが、安価に移動したいという人にはお勧めの航空券になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ