人気のセブ島航空券

近年、南国のリゾート地としてグァム、サイパンなどと並んで人気を出してきたのがフィリピンのセブ島。
以前はフィリピンというと治安の面で不安視される声も聞こえていました。
しかし、近年リゾート地として開発し急激に発達してきました。

それに合わせて航空路も一気に増え、格安航空会社であるセブパシフィック航空が誕生したことでアジアの各国と結ばれるようになりました。
日本からこの島を訪れる方法は2つの方法に分かれます。

1つは成田空港から運航されているフィリピン航空を利用してマニラ経由で入るか、日を限定して運航されている直行便を利用して入る方法です。
レガシーキャリアであるので機内食のサービスや預け入れて荷物も一定量までは無料なので、大型のサーフボードなどを持ち込むにも便利な航空会社です。

しかしレガシーキャリアなので比較的航空券価格は高めに設定されています。
これに対して格安でセブ島に入ることのできる航空会社があります。
それがセブ・パシフィック航空です。

現在この航空会社は関西国際空港へ就航しており、いずれ関東方面にも進出したいと表明しています。
セブパシフィック航空の魅力はその航空券の価格。
大手航空会社の半分の値段で販売されることもあります。

しかしLCC(格安航空会社)に分類されるために機内サービスは有料、預け入れ手荷物も料金を徴収されます。
サーフボードのような大型のものにはより多くの手数料を徴収されるので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ