クアラルンプール行の航空券

マレーシアの首都、クアラルンプールへの渡航方法は昨年まではマレーシア航空か日本航空による直行便というのが一番定番の選択肢でしたが、昨年参入してきたエアアジアの台頭によって大きく変わりました。

まず従来の方法がマレーシア航空や日本航空の直行便を利用する方法で、成田空港と関西国際空港から就航しています。
どちらもレガシーキャリアに位置するので機内サービスは無料、手荷物の預け入れも一定量までは無料で預かってくれます。

これに対して新規参入してきたのがマレーシアが生んだ格安航空会社「エアアジア」です。
エアアジアはクアラルンプールと関西国際空港と羽田空港に就航しており、魅力は何と言ってもその価格で、LCC(格安航空会社)と言っているだけにマレーシアまでが1万円台で販売されることもしばしばあります。

この価格で飛ぶことができるのは非常に魅力で、一気に人気が伸びてきました。
しかし、格安航空会社ですので機内サービスは基本的に全て有料、預け入れて荷物も重量ごとにしっかりと計測されて課金されます。
また搭乗券の購入もインターネットが中心で、コールセンターやカウンターで航空券を購入する場合には手数料が取られます。

また毎日運航ではないために、スケジュール的にも利用しやすいとは言えない部分もあります。
この様に全く系統の異なる航空会社が就航しているマレーシアと日本間なので、予算や日程、体力などと考え合わせながら自分で航空会社を選択すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ