インドネシア行きの航空券

インドネシアは近年発展めざましい国で、商業の街首都ジャカルタ、青い海の広がるビーチリゾート、バリ島などビジネスでも観光でも訪れる人が多い国です。

飛行機でこの国に行く方法で、もっとも一般的なのがガルーダインドネシア航空を利用して行く方法で、成田空港と関西国際空港、羽田空港からフライトがあります。
しかしガルーダインドネシア航空の行き先はバリ島が中心で、どちらかというと観光路線の意味合いが強いです。

一方で商業都市、ジャカルタに行く方法は成田空港から日本航空が運航をしているので、このフライトを利用するのが一般的です。
しかしどちらも直行便ですので比較的航空券価格が高めに設定されています。
さらに、復路が必ず深夜便になるので帰国するときにやや疲れてしまうかもしれません。
そこで往復ともに日中便で体への負担が少なく、しかも日本全国の空港から比較的移動しやすい方法があります。

それがチャイナエアラインやエアバー航空の台北経由のルートと香港経由のキャセイパシフィック航空のルートです。
特徴は、台北経由は便数が少ない代わりに格安航空券などでよく販売されているなど、価格面では有利です。

一方で香港経由は香港国際空港が乗り継ぎに非常に便利にできていることと、1日数便の香港発の航空便があり日本を午前に発っても午後に発っても乗り継ぎをしやすいスケジュールになっていることです。
価格や時間帯、自分の住んでいる最寄りの空港の航空会社などと比較して利用することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ