フィンランド航空では、他のヨーロッパ系航空会社よりも安く設定した格安航空券を販売しています

北欧の中心都市フィンランドへの航空券は、様々な種類が出回っています。
この国はアジアから最も近いヨーロッパなので、現在、ヨーロッパへのゲートウェイという構想を実行しようと、首都のヘルシンキ空港では、乗り継ぎが便利なようにターミナルの改装やターミナル間の移動の利便性を高めることを行っています。

同国のフラッグキャリアである「フィンランド航空」も、この政策に同調するようにアジア路線の拡充をしていて、現在、成田空港、中部国際空港、関西国際空港に乗り入れをしています。

そして、これらの便では、他のヨーロッパ系航空会社よりも価格を安く設定した格安航空券を販売しています。
ヘルシンキ空港の特徴は、日本から9時間前後で到着できる優位性です。

アジア方面からの便の到着時刻とほぼ合わせるスケジュールをとり、これらの便に接続するようにヨーロッパ各地へ飛んでいく便が出発するようにタイムテーブルが組まれています。

ヘルシンキ空港は、ヨーロッパの空港の中では群を抜く45分という乗り継ぎ時間を設定し、素早く乗り継ぎができるように様々な面で工夫しています。

こういった工夫が人気を博して、現在ではヨーロッパの地方として行くのであれば、アムステルダムやロンドンで乗り換えるよりも便利だと言われるようになりました。

このように、フィンランドは国策として顧客の誘致を進めており、今後もアジアの人がヨーロッパ方面に行くために魅力ある商品を販売してくれることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ