バリ島行き航空券は3種類あります

東南アジアの人気観光地であるバリ島は、インドネシアの中でも重要な観光資源だけあって、この場所は訪れやすいように経済特区が設定されていたり、外資系のホテルが進出しやすいように工夫されていたりと今なお発展しています。
そんな島を日本から訪れる航空券には、大きく3種類のタイプに分かれます。

1つ目は、直行便を利用する方法で、現在成田空港と関西国際空港、羽田空港からバリ島行きの直行便をガルーダ・インドネシア航空が運航しており、最速最短ルートで行くことができます。

ただし、価格がやや高めに設定されていることと、必ず往路または復路が夜行便になってしまいます。

そこで、夜行便を避ける方法が2つ目で、香港または台北を経由する航空会社を利用すると日中便で移動することができ、直行便よりも航空券を安く手に入れることができます。

ただし、所要時間がやや長くなることには注意が必要です。
これ以外の方法で安く行きたい人には、LCC(格安航空会社)を利用するのが最も安いと言えるでしょう。

利用しやすい航空会社は出発地によって変わりますが、羽田空港からはエアアジア、成田空港からはScoot、関西国際空港からはエアアジアまたはジェットスターが便利です。

エアアジアであればクアラルンプールで同じ航空会社のバリ行きの便があり、乗り換えることができます。

Scootやジェットスターの場合には、シンガポールでシルクエアーやインドネシアエアアジアがあるので、これらの航空会社を乗り継ぐことで時期によっては大手の半値以下で行くことが可能となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ