ニュージーランド行き航空券の紹介

南半球の人気観光都市ニュージーランドは、日本との時差の影響が少なく、日本と同じような四季があり治安も安全な都市です。
ダイビングからスキーまでできる国として人気があります。
そんなニュージーランドですが、飛行機の便数が少なく、航空券代はやや高めです。

例えば、直行便で人気があるのがニュージーランド航空で、成田空港と関西国際空港に就航しています。
どちらもオークランドと直行便で結んでおり最速で行くことができますが、繁忙期になると航空券代が一気に上がります。

そこで安く行きたいというという人にお勧めなのが、格安航空会社(LCC)を利用したチケットです。
特に、ジェットスターを利用した航空券が安いのでお勧めです。

ジェットスターは現在、成田空港と関西国際空港に就航しており、ケアンズとの間を結んでいます。
ケアンズはジェットスターのハブ空港となっており、ここで乗り換えてオークランドやウェリントンなどへ向かうことができます。

価格も低く設定されており、往復5万円前後で行くことも可能です。

また、格安航空会社なので機内食や預け入れ手荷物は有料ですが、同じ航空会社同士を乗り継ぐのであれば、スルーバゲッジを利用することができるため途中で荷物を受け取る必要がありません。

また、格安航空会社以外でも割引チケットが販売されていて、インチョン経由の大韓航空や台北経由のチャイナエアラインで行くことも可能です。

日本国内で何度も乗り換える手間を考えると、地方都市からソウルや台北を経由して行くのも安上がりです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ