ジャカルタ行き航空券を購入するには、レガシーキャリアか格安航空会社の経由便を利用する方法があります

インドネシアの首都はジャカルタですが、インドネシアというと人気の観光地バリ島の方が脚光を浴びるせいか、日本からの直行便は少ないです。
実際に、国営のガルーダインドネシア航空は日本とバリ島を結ぶ路線は運航していますが、お互いの首都同士を結んではいません。

日本からは、日本航空(JAL)が直行便を開設していますがこれ1つのみです。
したがって、航空券の価格はやや高めになっています。

そこで活用したいのが、経由便の航空券です。
これはレガシーキャリアを利用するのか、格安航空会社を利用するのかの2つに分かれます。

まず、レガシーキャリアを使う場合には香港経由、ソウル経由、シンガポール経由などがありますが、日本から比較的使いやすいのがシンガポール経由です。

機内サービスに定評のあるシンガポール航空を利用して、シンガポール経由でインドネシアに飛びます。
日本とシンガポール間は成田、名古屋、関西、福岡に便が就航しており、非常に利便性が良いです。

また、シンガポールとインドネシア間はお互いの緊密な関係を示すように1日に複数便飛んでおり、シンガポールでの乗り継ぎが非常に簡単になっています。

次に、格安航空会社を利用する場合ですが、これもシンガポール経由になります。
日本からシンガポールには、成田からはScoot、関西からはジェットスターが就航していますのでこれを利用します。

シンガポールとジャカルタ間は様々なLCCが飛んでいるので困ることはないでしょう。
いったん入国しなければならないのが手間ですが、料金は安く抑えることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ