日本からイスラエルへ行く場合、ヨーロッパ経由の航空会社であれば簡単に航空券を手配することができます

中東のイスラエルには様々な世界遺産がありますが、政治不安や内戦などでなかなか行くことができない国の1つです。
この国へ行くための航空券を紹介します。
まず、この国は周辺国との関係で、乗り入れができる航空会社が限られています。

また、過去にこの国と敵対関係にある国に入国経験があると入国拒否をされたり、逆に別の国に入国拒否をされる可能性があります。
日本から行く場合は、ヨーロッパ経由の航空会社であれば簡単に航空券を手配することができます。

現在では、KLMオランダ航空やルフトハンザドイツ航空、エールフランス航空などがそれぞれの主要都市からイスラエルのベングリオン国際空港に乗り入れているので、日本からヨーロッパ主要都市経由で入国することができます。

また、大韓航空もソウルから直行便を運航しているので、地方都市の人はソウル経由の方が早く到着できる可能性があります。
基本的に、アラブ諸国とは敵対関係にあるために、乗り入れがありません。

国営の航空会社としては、エルアル・イスラエル航空があります。
日本には乗り入れをしていませんのでこの航空会社に乗ることはできませんが、航空券を手配することは可能です。

日本から最も近いところでは香港から直行便を運航しているので、香港まで別の航空会社で飛び、乗り換えて利用することができます。
テロの標的に何度もなったことがあるため、セキュリティーチェックが非常に厳しく、「世界一安全な航空会社」とも言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ