イスタンブール行きの航空券で最もメジャーな方法は、成田空港から出ている「トルコ航空」を利用する方法

親日の国で知られているトルコは、首都のイスタンブールには多くの日系企業が進出しており、世界遺産も多く、観光地としての人気も高いです。
しかし、航空機は多くの便数があるとは言えず、航空券の料金はやや割高感があります。
まず、イスタンブールへの足としてもっともメジャーな方法が、成田空港から出ている「トルコ航空」を利用する方法です。

最も新しいB777型飛行機が使用され、個人モニターなどがエコノミークラスにも整備されるなど、サービス面でも評価の高い航空会社で、毎日、トルコと日本の間を結んでいます。

これ以外にも、比較的速く安い方法として、中東の航空会社を利用する方法が挙げられます。
成田空港と関西国際空港からはエミレーツ航空やカタール航空、中部国際空港からはエティハド航空がドバイやアブダビと結んでいます。

これらの都市は、中東の中継点としてトルコやヨーロッパとの路線と接続しています。
特にトルコ国内で地方として移動する時には、中東諸国で乗り換える方法があります。
直行便と違い時間がかかる分、航空券が安く抑えられている傾向があります。

このほかの方法としては、アジアの中継点である香港やバンコクなどで乗り換えてトルコに入る方法もありますが、ただしこの方法は、前述の2つと比較しても距離が長くなる分時間がかかります。

その代わり、航空券の価格としては最も安く販売されている方法です。
自分の旅行日程や体力、現地の滞在時間などを考慮しながら、お得な方法を選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ