アメリカ行き航空券のお得な会社は

日本とアメリカ間には現在多数の航空会社が就航しており、便数も100便近くあります。
就航している都市も様々で、西海岸から中部地方、東海岸まで多くの都市へ就航しています。
同一都市へ複数就航していたり、1日2便運航している航空会社もあるなど、航空会社も様々なら航空券の種類も様々なので、サービスや価格、現地での乗り継ぎなどを考慮して選ぶ必要があります。

航空券の選び方は、大きく2種類に分けられます。
まず、アメリカの1都市が目的地であるならば、日系の航空会社やそれ以外の航空会社でも問題ありません。

お得なのは日系、米系ではない航空会社で、現在成田空港から大韓航空とシンガポール航空がロサンゼルスの間を結んでいます。
これらの航空会社は、日系や米系と競合するために価格がやや安めに設定されていたり、キャンペーン運賃などが発表されています。

もちろん経由便ではなく直行便なので、時間的なロスは全くありません。
2つ目は、米国内での乗り換えがある場合です。

アメリカではハブ&スポークの考え方が徹底しており、大きな空港は乗り継ぎに非常に便利に作られていて、航空機のスケジュールも乗り継ぎに便利なように組まれています。

ハブとなる空港からは、主要都市だけでなく小さな地方都市に向けての路線も揃っており、米国内で移動するには便利です。

また、同一航空会社の乗り換えになることが多いことから、手荷物などは一端ピックアップする必要もなく目的地までスルーで移動できるので、乗り換え客にとってのメリットも大きいと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ