アイスランドへ行く航空券は、1社の乗り継ぎで行くか格安航空会社との組み合わせで行くかの2種類に分かれます

北極圏に位置する国アイスランド、この国の首都であるレイキャビークに行く航空券は必ず経由便になります。
日本からレイキャビークに向けては、これまで1度も定期直行便が運航されたことはなく、チャーター便での運航が数年前に見られたぐらいです。

そんなアイスランドへ行く航空券は、1社の乗り継ぎで行くか、格安航空会社との組み合わせで行くかの2種類に分かれます。
まず、格安航空券として販売されていて、比較的安く提供されているのがスカンジナビア航空です。

スカンジナビア航空は成田空港に就航していて、ストックホルムとの間を毎日運航しています。
同じような価格で、フィンランド航空も販売されています。

この2社はどちらも、日本から比較的近いヨーロッパに位置していて、距離が短い分安くなっていますし移動時間も短くすることができます。

そして、これらの航空会社は、それぞれの到着地からレイキャビーク行きの便を運航していますので、手荷物もスルーで現地の空港まで行きます。
また、やや遠回りにはなりますが、オーストリアやドイツからも便が運航されていて便利です。

特にドイツは、レガシーキャリアのルフトハンザドイツ航空だけでなく、ジャーマンウィングスやエアベルリンも就航しており、エアベルリンは格安航空会社に分類されるので比較的安く移動できます。

気をつけたいのは、ヨーロッパの都市の中ではネットワークの薄い都市であり、フランスやオランダなどのメジャーな都市からは現在就航していないので利用時には注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ