格安航空券で歴史と文化の街マニラに行こう

フィリピンの首都マニラは、スペインの植民地時代の面影を残す歴史地区と歓楽街、そして近代的な文化発展を遂げているビジネス街や超巨大ショッピングモールなど、場所により違った表情を見せる街です。

見所はやはり、スペイン人によって建設された城塞都市のイントラムロスの歴史地区で、ここには、世界遺産であるサン・アグスチン教会や、公園へと生まれ変わったサンティアゴ要塞、戦後再建されたマニラ大聖堂などが保存され、今では歴史と文化の中心地となっています。

他にもたくさんの美術館やレストラン、そして土産屋が並んでいますが、観光地特有の騒々しさはなく、現在は植民地時代の面影を残しながらも落ち着いた雰囲気の街並みに生まれ変わりました。
そこから徒歩10分くらいの場所にリサール公園があり、イントラムロスと合わせても短時間で歩いて回ることができます。

その他、女性の旅行にお勧めなのはショッピングモールです。
東京ドーム8個分もの広さを誇るモールには600以上のショップが入っており、他にも、カジノや複数のホテル、デパートが一体化したものなど、数多くあるので飽きることはありません。

ひとつの街に様々な文化が入り混じった一種独特の空気を放つマニラには、成田や羽田だけではなく、関西や神戸、福岡空港からも飛行機が飛んでいて、格安航空券も多く出ています。
東京からは2万円台の航空券も出ており金銭面での無理もなく、フライト時間は5時間弱程度と体力の消耗も少なく済みますので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ