航空券を買うならアンコールワットがあるカンボジアへ

歴史的建造物を日本以外で見たいのなら、同じアジア圏内であるカンボジアに行きませんか。
面積は日本の約半分の大きさで、ここには世界遺産にも登録されているアンコール遺跡が建ち並び、神秘的な遺跡群が見られます。

まず、アンコール遺跡というのは、この国に建造されている様々な遺跡の総称で、中にはアンコールワットがあります。
アンコールワットは南北を約1300メートル、東西は約1500メートルもの大きさがあり、非常に見ごたえのある建造物です。

午前中は観光客が少なく落ち着いて見学できますが、逆光のため写真や映像に収める場合は午後に訪れることをお勧めします。
また、ここから鑑賞する朝日はとても幻想的で、5月から9月頃は5時15分に、10月から4月なら5時45分に着くようにするのがベストです。

この遺跡に行くには、シュリムアップ市内から車を走らせおよそ20分で到着します。
カンボジア自体の気候は雨季が5月から10月下旬で、11月から4月までは乾季に分かれており、4月と5月は厳しい暑さとなります。雨季は、朝方や夕方などに数十分降る程度で、1日中雨が降ることは殆どありませんが、濡れるのが苦手な人は乾季に訪れると良いでしょう。

航空券ですが、安いものは東京からシェムリアップまで往復で45,000円からで、直行便はない為、ベトナムやシンガポールなどを経由します。
カンボジアには、アンコールワットの他にも色々な遺跡が建っていますので、これらの遺跡群が醸し出す歴史を一目見てみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ