台湾へは、羽田から直通しているものもあり、運賃が1万円を切る格安航空券もあります。

日本の与那国島と台湾の距離はわずか107キロです。
台湾への旅行は、海外旅行ではありながら国内旅行をするような気楽さで 思い立ったらふらりと出かけられる良さがあります。

また、羽田空港から台北空港まで直行便が運行されており、わざわざ成田空港まで出かけなくても済むのも利点です。
美味しい料理は、旅の大きな楽しみの一つだと言えます。
数ある中華料理の中でも台湾でこそ食べたいものには、担仔麺、牛肉麺、魯肉飯などがあります。

日本の中華料理店でも食べられる店が増えてきていますが、現地ではいずれも比較的安価に全土で食べられます。
また、スウィーツも充実していて、有名なマンゴープリンをはじめとして、名物のフワフワかき氷にも人気が集まっています。

このように、食べることに予算を注ぎ込みたいので、航空運賃はできるだけ安く抑えたいものです。
ウェブサイトで格安航空券の値段を調べると、東京台北間の航空運賃の最安値は、1万円を切るものがあります。

しかし、これには現地空港税、航空保険料、燃油サーチャージ等、諸費用が別途1万5千円ほどかかることを忘れてはいけません。
それでも、国内旅行をするより安い予算で済むことをまずは喜ぶことにしましょう。

しかし、格安航空券の中には、最低滞在日数や最高滞在日数に制限がかかったり、出発空港が成田に限定されていたり、2名以上の同行者が必要だったりと、色々な付帯条件がある場合が多いので注意が必要です。
それぞれに課せられる条件をよく検討した上で、格安航空券を上手に使って台湾旅行を楽しみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ