ハノイなら格安航空券と安宿を組み合わせた破格の旅行が可能です

ベトナムの首都であるハノイは、政治や文化の中心地です。
街には旧市街やモニュメント、植民地時代の歴史建造物が残る一方、現代的な発展も進み、徐々に便利になりつつあります。

しかし、ノンをかぶって天秤を担いだ物売りが行商する姿が見られるなど、首都でありながら時間の流れがゆっくりした印象を受ける独特な街です。
観光地のエリアが広く、歩いて巡るのは不可能なので、タクシーでの移動をお勧めします。
料金は高めですが、安全面では、他の移動手段とは比較にならないほど優れています。

観光スポットは数カ所に固まっているので、そこまで辿り着いたら徒歩で回る事が出来ます。
ホアンキエム湖や玉山祠、歴史博物館など、1日中観光を楽しんだら、ベトナム風サンドイッチを味わってみましょう。

独特な風味のチキンや野菜はもちろん、それを挟んだパンもカリッと焼かれていて美味しく、その上屋台で食べられるのがベトナムでの醍醐味です。
ハノイ行きの飛行機は、成田や羽田空港、そして関西国際空港から出ていて、航空券は季節により往復2万円強から5万円程度で、インターネットからでも購入できます。

その他、例えばチャイナエアラインを使用した場合、ホテルと航空券をセットにすると約1万円プラスで、豪華なホテルに泊まれるなど、お得感あるプランも用意されています。
逆に市内には10ドル前後の安宿もあり、しかも大半は事前予約をしなくても飛び込みで宿泊ができるので、旅慣れた人にとっては、最安値の航空券だけを手に入れて現地で安宿手配という破格の費用で済むのが最大の魅力なのかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ