福岡までの旅行には格安航空券を利用して安く短時間の移動を実現する

世界地図で見ると小さな島国の日本ですが、日本列島は北海道-本州-九州を直線距離で結ぶとおよそ3,000キロもあるそうで、例えば首都の東京から九州や北海道などに旅行に出掛けるには時間もお金も掛かります。
出来れば短い時間で安く移動し、旅行先での滞在時間を少しでも長くしたいものです。

そこで、福岡-東京間を移動する場合、どの交通手段が良いか見てみましょう。
まずは、価格が安く済む高速バスですが、夜行便で料金は8,500円で、所要時間は14時間半掛かります。

長時間座ったままで過ごすのはかなりの労力が要りますし、移動にこれだけの時間が掛かっては旅行には不向きと言えるでしょう。
次に新幹線ですが、運賃は22,520円で所要時間は5時間です。
事前予約の割引のサービスを利用して自由席にする場合では、21,210円で利用出来ます。

他にも金券ショップで安く買う方法はありますが、割引率はあまり良くないのが現状です。
最後に、飛行機による移動の場合は、所要時間も2時間弱で、長距離移動の場合、一般的な方法になるかと思いますが普通運賃で36,870円とやはり他の交通手段より価格は上がります。
しかし、ANAやJALの早期予約の割引を利用すると24,070円とかなり値段は下がります。

更に格安航空券を利用すれば、予約する時期によってかなりの価格変動はありますが、10,000円前後から販売されている場合もあり非常にお得です。
このように、東京から福岡までの移動の手段は色々ありますが、格安航空券を利用すれば、安くて短時間の移動が実現出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ