年末年始も早目の予約と工夫で格安航空券を手に入れよう

近年、格安航空券はインターネットから簡単に購入出来るようになりましたが、国際線は購入の時期によって大きく価格が変動します。
特に年末年始は、まとまった休暇がとれる人が多いので、航空券の需要がぐっと上がります。

予約が殺到する時期は2ヶ月前からで、ある調査では国際線のチケットを安く予約するのに最適なのは34日前という結果が出ています。
通常チケットの価格は出発日の7日前から30%、もしくはそれ以上価格が上がるので、航空券は早目に確保した方が良いでしょう。

更にチケットを少しでも安く手に入れるならば、出発する時間帯や曜日によっても値段は変動するので気に掛ける必要があります。
日本からの発着日が、週末の金、土、日は料金が高く、週の真ん中の水曜日は安い傾向があるので、時間に余裕がある人は、出発と帰国の曜日を意識して計画を立てることをお勧めします。

他にも、早朝や深夜の時間帯の便に好んで乗る人は少ないので、オフピークを狙って入手する方法もあります。
また、乗り継ぎ便と直行便では通常直行便の方が高く設定されているので、乗り継ぎのあるフライトを手続すれば出費を抑えられます。

その上、目的地からさほど遠くない場所に到着し、そこからバスや電車などで移動した方が安く上がる場合もあります。

例えば、オーストリアのインスブルックまでの航空券は高価な価格設定が多いですが、そこから車で2時間から3時間に位置するドイツのミュンヘン国際空港ですと、大きな空港なので格安航空券も見つかりやすいです。
このような工夫を凝らせば国際線の格安航空券は手に入るので、費用を抑えた海外旅行が実現出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ