マカオへはホテル付きの格安航空券で行くのがお勧め

カジノと世界遺産で有名なマカオへ行くなら、ホテル付きの格安航空券がお勧めです。
日本語が通じる所や、格安であるにも関わらず全室スイートの超豪華ホテルとの連携もあり、選ぶだけでも楽しめます。
また、カジノ付きの所もあるので、目的によってはそこだけで1日過ごすことも可能です。

マカオと日本の時差は1時間程度で、日本人なら90日以内の滞在はビザ不要など、手続き上の面倒を省けるのも、ひとつのメリットとなっています。
夏場は平均気温が高く、旅行のベストシーズンは10月から3月までの過ごしやすい季節が良いでしょう。

格安航空券とパックになっているホテルは、世界文化遺産であるセナド広場に近いものが多いので、この季節を狙って行くと、徒歩でも無理がありません。

しかし、マカオは狭いのでどこへ行くにも歩いて移動が可能ですが、タクシー料金が安いので、宿泊先やカジノの無料バスとタクシー、そして徒歩を組み合わせての観光がお勧めです。

ホテルや観光地以外では英語が通じないことがありますが、漢字での筆談ができます。
紙とペンは必ず用意しておきましょう。

ここでは、全てのホテルはもちろん、世界遺産や図書館にも、無線LANの公共Wi-Fiがあり、旅行者も無料でアクセスできるので、インターネット上でコミュニケーションが取れるSNSを利用して、リアルタイムで旅を公開することもできます。

格安航空券の予約では、ホテルとパックにすると航空券のみの金額よりも安くなる場合があるので、現地を存分に満喫するために上手に活用しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ