タヒチの航空券を安く購入する方法

南太平洋に浮かぶタヒチ島は、フレンチ・ポリネシア随一の都市です。
旅行客が多く訪れる海岸沿いには近代的なショッピングセンターが建ち並び、近年では観光地としても発達して来ています。
現地の人々が食料や日用品を買い求める市場のマルシェでは未だ素朴な一面を感じられ、雄大な自然は変わらず美しいままで観光客を迎えてくれます。

カップルや新婚旅行で訪れる人も多く、近年では結婚式からハネムーンまでプロデュースするウエディング専門企業も登場するなど、観光やリゾートだけでなく、南国のここでしかできない経験の需要も増えています。

タヒチまでは直行便で、成田空港から約11時間のフライトで到着します。
若者から年配の夫婦まで、年代を問わず人気です。

タヒチには雨季と乾季があり、乾季に当たる4月から11月は航空券が高くなり、、年末年始まで同様の状態が続きます。
1月くらいから値段が下がり始めますが、1年を通してあまり変動がないのが特徴です。

ツアー代金は8日で平均40万円近くと高額なので、なるべく旅費を抑えたいならPEX航空券の利用をお勧めします。
エアタヒチヌイ航空は日本から直行便を運航している唯一の航空会社で、2004年にJALとコードシェア運航を開始しました。

現在、航空券はこの2社で取り扱いしていて、どちらもPEX運賃を設定しています。
直行便でなくても良ければ、ホノルル経由で行くのも一つの方法です。

日本とホノルル間を安く購入できれば、現地到着の前にハワイも楽しめるだけでなく、直行便の代金よりもお得になる可能性があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ