北京への旅は中国系キャリアの格安航空券で!

中国の首都である北京は観光地としても人気が高く、また、ビジネスで渡航する人も多い場所です。
そんな北京への格安航空券は、中国系キャリアのものが安く販売されています。
ただし、この区間の路線は中国国際航空や中国東方航空などの中国系航空会社をはじめ、日本航空や全日空、米系の航空会社も就航しているために激戦状態です。

その中でも中国系のキャリアは、チケットが安く手に入る反面「若干の時代遅れの機体や機内設備、そしてサービスが悪い」という原因で利用者が少ないというのが現状でもあります。

また、地方に住んでいる人にとっては、大韓航空のほうが地方空港に多く就航しているので、所要時間が短縮でき、格安航空券も販売されているので、そちらに利用者が流れてしまっていることも事実です。

しかし、中国系のキャリアのデメリットとしての要因はイメージ先行のケースがほとんどで、利用者が第一に考える安全性についても、機内食などのサービスにおいても、個人によって多少の好き嫌いはありますが、他の航空会社と比べても引けを取りません。

中でもチャイナエアラインは、日本から北京への直行便はありませんが、チャイナドレス風の客室乗務員の制服は人気が高く、クルーも約100人の日本人が働いているので言葉困ることも無く、利用者が多い航空会社です。

さらには、中国系のキャリアを利用する場合でも、マイレージに移行可能なサービスを行っている旅行代理店のサイトもあり、利用者にとっては嬉しいところです。

また、北京への就航便は便数が多いのも特徴で、日程が決まっている旅行などでは、比較的簡単に旅行代理店を通して格安航空券が手に入ります。
プランや目的に合わせて航空会社を決め、納得の行く旅にしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ