LCCの片道格安航空券のメリット

海外赴任や留学など、あらかじめ帰国の日が決まっていない人や、国内・海外旅行の際に、旅先での移動が、行きは飛行機で帰りは鉄道やレンタカー、といったプランを考える人にとっても、航空券はとりあえず片道分だけあれば十分です。
しかし、一般的に片道だけのチケットは往復チケットより高価で、時として2倍もする場合があります。

そこで、片道チケットをリーズナブルに購入する方法として『格安航空会社(LCC)』を利用することをお勧めします。
LCCはコストを大幅に削減し、基本的な料金設定を片道運賃に設定したことにより、格安航空券を提供できるようにした航空会社です。

利用者にとっての一番のメリットは、片道チケットが安いことで、往復チケットを個別に格安で購入ができて、それにより旅先での滞在期間に制限が無くなることが挙げられます。

ここが大手航空会社の、往復を条件として販売されている正規割引航空券と大きく違うところです。

そして、旅行代理店で販売されている、格安航空券のOPEN航空券にしても、滞在期間は最長でも1年なので、それと比べても、いかにLCCのチケットが使い勝手が良いかわかります。

また、キャンペーンやバーゲン、予約の時期によって価格は変動し、更に安く手に入れることが出来ます。
しかし、デメリットもいくつかあります。

手荷物を預ける際や機内食などが有料であったり、キャンセルや変更などの手数料が高く設定されていたり、そして、日本から欧米への直行便が無いことなど、注意点はLCCによっても違ってくるので、十分な確認が必要です。

これらのことを踏まえ、確かな情報をもとに目的や予算などを検討し、納得のいく格安航空券を手に入れましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ