メルボルン旅行の航空券を自分で手配する

オーストラリアを代表する都市の一つであるメルボルンは、セントパトリック大聖堂・グレートオーシャンロード・メルボルンズルナパークなど観光地が多く、日本人に人気のある旅行地です。
旅慣れている方ならば、なるべく費用を抑えて旅行しようと、自分で格安の宿泊先や航空券を手配して計画を立てる方もいるでしょう。
宿泊先ですと、最悪の場合は現地で当日に空き室を探す事も可能ですが、航空券の場合は復路も含めた席の確保が必要となってきますので予めの手配が必要です。

出発日が近づいてからの手配では、どれも埋まっていたり高額のチケットしか残っていなかったり、また、往路は取れても復路便が満席になっていたりと希望通りにいかなくなる事があるので、なるべく早いうちに予約をすると良いでしょう。

日本・メルボルン間を就航している航空会社は国内の会社ではJALで、海外では中国東方・シンガポール・マレーシア・ベトナム・ユナイテッド・エミレーツなど他にも多数あります。

現在直行便は運行していませんので、シドニーやブリスベン等で乗り継ぎをしてから目的地に到着です。

メルボルンは日本との時差が1時間なので時差ぼけになる心配はないかも知れませんが、出発時間や到着時間は航空券購入時に注意すべき点の一つと言えます。

例えば、現地を朝早く出発する便となると、旅行最終日には観光は一切できず帰国への移動のみとなってしまいます。

なるべく条件の合う航空券を購入できる様、早めの手配をお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:航空券について

このページの先頭へ