研修旅行は、普段顔を合わすことの無い他部署の方との交流を持つことが出来ます。

研修というと勉強に関係している様に聞こえますが、ビジネスで使う研修旅行は社員旅行のことです。
社員旅行と対外的に言うと遊びに行っているだけだと思われがちですが、研修が付くことで勉強しに行っていると取ってもらえるので、この呼び方が広く使われています。

社員旅行の本来の意味合いは、会社側が、常日頃社員が仕事で頑張って会社の業績に貢献してくれているので、その労をねぎらう為に旅行に招待すると言うものです。
そして、社員数の多い会社の場合、普段顔を合わすことの無い他部署の方との交流を持つことで、社内業務の円滑化を図る意味合いも有ります。

一般的な社員旅行は、一泊二日の日程で近場の温泉に行くのが昔は定番でしたが、現在では、韓国やハワイ等の海外旅行というのも珍しく有りません。
人というのは周りの環境に多大に影響され、その環境に慣れてしまうと向上心が自然と薄らいでくるものです。

その為、目標を持たずに、毎日同じ業務ばかり繰り返していたら向上心の維持でさえ困難になります。
その状態に刺激を与える為に、社員旅行を活用してみてはどうでしょうか。
例えば、日本が世界に誇れる事の一つに心遣いが有ります。

毎年国内のホテルや温泉旅館のランキングが発表されますが、上位にランキングされるホテルや温泉旅館は、顧客に対するすばらしい心遣いでもてなしをしているところばかりです。
社員旅行の宿泊先にこのようなホテルや温泉旅館を選び、社員に心遣いとはどの様なものなのかを身を持って体験してもらい、ビジネスに活用すれば業績アップにつながることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:目的別の楽しい旅行

このページの先頭へ