慰安旅行は、自然と打ち解けられる空気があり、旅行という一つのイベント

かつてはどこでも見られた、会社の慰安旅行ですが、最近は、企業側の事情や不景気もあってか、以前ほどの賑わいは見られないようです。しかし、職場内での旅行には、独特の雰囲気と魅力があるといえます。日頃仕事で顔を合わせているメンバーで旅行に行って何が楽しいのかという見方もあるようですが、実際に行ってみると意外なほどに楽しいことに気が付くでしょう。

上司もいつものような気難しさはなく、同僚も皆どこか気を許しているようで、自然と打ち解けられる空気となります。
今まで知らなかった一面を知ることもでき、仲間という意識が芽生えるのも慰安旅行ならではです。
行き帰りのバスの中で、そして宿泊先でと、いつの間にか昔からの友人のような感覚で同僚たちに接している自分に気付くこともあります。

仕事のために仕方なく慰安旅行に参加するという人もいるでしょうが、それでは楽しむことは難しいでしょう。プライベートですから、自分を解放して伸び伸びするのが大切です。
会社、仕事と構えてしまうのではなく、思い切って自分の内面を曝け出してしまうと、結果的にそれが職場内の絆を深めることになり、その後の仕事にも良い影響を与えてくれます。

ITの進化で人同士の絆が薄くなりがちですが、やはり最終的に仕事は人と人のつながりで成り立っているものです。旅行という一つのイベントを通じてそのつながりを深めあっていくことで、より良い職場環境が出来上がっていくとも言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:目的別の楽しい旅行

このページの先頭へ