宮島を観光するなら旅館で1泊するも良し

宮島には、世界文化遺産・日本三景である厳島神社があります。
秋の紅葉や楓をはじめ、春の桜・夏の新緑が綺麗に景色を色どり、海の幸・山の幸をふんだんに使った絶品料理を味わうことができます。
広島のご当地グルメはたくさんありますが、宮島では牡蠣と穴子飯がとても人気があります。

広島県の牡蠣生産量は全国1位で、生で食べても焼いて食べてもとても美味しく、寒い冬の季節には牡蠣の土手鍋を食べると心も体も温まります。
穴子飯は、地元の広島県産の穴子が使われており、お店の前を通るとその香ばしい香りが食欲をそそります。

そして、旅行や観光で一番重要なのは宿泊先です。
にぎやかな場所を離れ、静かで自然に包まれた宿はゆったりとした時間を過ごすことができます。
しかも、夜になると厳島神社がライトアップされ、その夜景はとても幻想的です。

一方、厳島神社周辺の旅館では歴史ある町並み・目の前に広がる瀬戸内海と大鳥居が自然の景色を写し出します。
最近では、再生した町家が並ぶ町家通りという通りができ、和の情緒を残しつつも西洋の文化を取り入れるなど、宮島に新しい風を吹き込んでいます。

それから、旅館といえば旅の疲れを癒す温泉です。
泉質は単純弱放射線能泉で、ラドンの含有量では世界でも有数です。
それだけでなく、厳島神社の大鳥居を望む展望温泉は格別なひとときを過ごすことができます。

また、山の温泉は広島を治めていた浅野藩主の湯治場として使われた歴史があり、自然を肌いっぱいに感じることができる温泉は、まさに骨休みできる場所に適しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ