伊勢志摩の旅館に泊まって観光する

日本人なら一度は参拝したいのは伊勢神宮です。
伊勢神宮とは三重県にある神社の本宗とされており、天照大御神と豊受大御神を祀る神社です。

伊勢神宮というのは愛称のようなもので、正式名称は「神宮」といいます。
神宮というだけでは、他の神宮と区別が付かないため、ここでも伊勢神宮と呼ぶことにします。
伊勢神宮は内宮と外宮と呼ばれる宮があり、その他にも別宮など125社神社の総称となっています。

この内宮と外宮ですが、天照大御神を祀っているのが内宮で、豊受大御神を祀っているのが外宮です。
この内宮と外宮は離れている為、観光コースでは内宮のみ参拝するようなものもありますが、正式には外宮を参拝してから内宮を参拝するのが古来からのならわしです。
伊勢神宮への参拝を計画すると、かなり規模が大きい神社だということが分かり、半日や一日では十分に参拝しきれないというのに気が付くと思います。

一日コースにしても、「外宮、内宮、月読宮」ぐらいしか行けないものです。
ですので、伊勢志摩旅行と決めたら近くの旅館に宿泊してゆっくり参拝することをお勧めします。

自然がたくさんあり、ゆったり参拝することができますし、他にも各宮には別宮があったり、博物館や美術館もありますので、時間が余って困ることはありません。
また、この辺りは海の幸がとても豊富に取れ、新鮮で美味しいものがたくさんありますし、温泉もあります。

一度行くと、また参拝したくなるのが伊勢神宮です。
是非一度足を延ばしてみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ