旅館のすばらしさは、おもてなしする側でも経験できます

昔ながらの日本らしさを感じる場所として、1番身近で利用しやすいのが旅館です。
日本らしい伝統的な地域は、日本各地にありますが、建築物が日本の伝統を物語っているものの、周辺地域は現代風に変化してしまっていることも多々あります。

旅館なら、庭なども丁寧に手入れされているため、敷地内に1歩入れば、古きよき日本を肌で感じることができます。
そんなよさを体験するには、単に宿泊客として訪れるだけが使える手段ではありません。
住み込みで働くという手段も使えます。

宿泊客と、住み込みでもてなす側になるのとでは、受けられる恩恵が多少異なります。
住み込みで働く場合、昔ながらの日本のよさを肌で感じられるだけでなく、身につけることができる点が、大きなメリットになります。

宿泊客の立場だと、いくら身につけたいと思っていても、独特の丁寧な言葉遣い・気遣い、しぐさ、和装の着付け、日本食の知識などは身につきにくいです。
日本らしいおもてなしは受けられますが、ほとんど受身として与えられるサービスばかりです。

旅館のすばらしさが、自分自身に身につく機会になるのが、住み込んで働く一番の収穫になります。
働く期間が長ければ長いほど身につきやすいので、短期のほか、長期的な仕事先を探すのもお勧めです。

その後、宿泊施設や接客とは違う職種に就いたとしても、住み込んで身につけた知識・技術、気配りなどは、一生役立つものになります。
日本人として、1人の人として、身につけておいて損はないものばかりです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ